松山市で探偵へパートナーの不倫の相談を行い実態調査を依頼してハッキリさせます

愛媛県で不倫調査したい時は探偵に相談が無料で出来て解決への第一歩を

MENU

松山市で探偵が不倫相談で調査の始まる準備と要旨

不倫調査を探偵事務所のサービス相談でお願いし、調査内容から見積り金額を計算していただきます。

 

調査方法、リサーチ内容予算金額に同意したら本契約を交わしていただきます。

 

本契約を結んだら本調査が開始します。

 

不倫調査は、通常1組が2人で行っていくことが通常です。

 

ただし、依頼者様の要望に受けまして人数を変更させるのが可能です。

 

我が事務所での調査では、調査している中で報告が入ってまいります。

 

これにより調査中の進捗度合いを常に知ることが不可能ではないので、安堵することができますよ。

 

 

探偵事務所の調査での約束では規定の日数は定めておりますので、規定の日数分の調査が完了しまして、すべての調査内容と結果内容を一つにした調査した結果の報告書を受け取れます。

 

調査結果の報告書には、詳細にわたり調査した内容についてリポートされ、不倫の調査中に撮影された写真なども入ります。

 

依頼を受けた不倫調査の後、訴訟を申し立てる場合には、この不倫調査結果の調査内容や写真類はとても肝心な証拠です。

 

調査を我が探偵事務所へ希望する目的は、このとても大切な明証を手に入れることにあります。

 

もしも、報告書の内容へ納得いかない時は、続けて調査の申し出をする事もできます。

 

ご依頼された調査の結果報告書に納得していただいて本契約が完遂したその時、以上によりこの度ご依頼された調査はすべて終わりとなり、肝要なリサーチに関する資料も探偵の事務所が抹消されます。

松山市で不倫調査は探偵事務所が掴んだ証拠を法廷に提出してくれます

不倫調査といったら、探偵事務所を思い浮かびますよね。

 

探偵という仕事は、相談者からのご依頼を受けまして、周辺の聞き込みや、尾行、監視などの様々な方法を使い、特定人の住所、行動パターンのインフォメーションをコレクトすることが主な仕事としています。

 

わが事務所の探偵調査内容は色々あり、多いのは不倫の調査であります。

 

やはり不倫の調査はそれだけ多いのですよ。

 

秘密性が高いとされる探偵の業務は、不倫調査にはベストといえます。

 

当探偵に不倫の調査依頼をしたら、その道のプロの知恵、ノウハウを用い、ご依頼者様が必要とされる情報や証拠を積み重ねて提出します。

 

不倫調査のような仕事は、前まで興信所に申し出るのが当たり前だったが、興信所は結婚相手の身元確認、雇用調査等がほとんであり、一般的な探偵のような秘かに調査等行動するのではなく、目標の人物に興信所から派遣された調査員だと名乗ります。

 

 

また、興信所という場所はそんなに詳しく調査をしません。

 

ごく親しい知人へ聞き込みするだけということもあるようです。

 

現在の不倫の調査依頼では、目標に気付かれないように身のまわりの調査をしてもらいたいことが多くあるので、探偵業の方がメリットはかなり大きいですね。

 

探偵業に対する法律は前は特になかったのですが、いざこざが多くみられたことから平成19年に探偵業法が制定されました。

 

なので、きちんと届出を出さなければ探偵業ができません。

 

そのためクリーンな探偵業の経営がなされていますので、信頼して不倫の調査を依頼可能なのです。

 

不倫でお悩みの際はまず最初は当探偵事務所に話をすることをおすすめしたいと思うのです。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

松山市で探偵に不倫を調査する依頼時の経費はどの程度?

不倫調査において必要なことは探偵へ要望とはいえ入手するためには裏付等を施術に不服だった場合に、有効度合いで、コストは高騰する動きがあります。

 

むろん、依頼する探偵事務所等によっては料金は変わりますので、多くの探偵の事務所があればその事務所ごとに費用が違うでしょう。

 

不倫リサーチでの際には、行動調査といって探偵1人ずつに一定の調査料がかかるのですが、調査員の人数が増えていくとそれだけ調査料がばんばん高くなっていきます。

 

相手の行動調査には、相手をつける尾行と結果を調べるだけの簡単な調査のほかに、事前の調査と探偵用の特別機材、証拠で使えるVTR、報告書で提出する一般的な調査があります。

 

相手の行動を調査する料金は、1時間ずつを単位と定められています。

 

決められた時間を超過しても調査する場合には、延長代金が別途かかってなるでしょう。

 

尚、探偵1名で一時間当たりの料金がかかってしまいます。

 

 

さらに、自動車を使用しなければならないときですが車両を使用するための料金が必要になります。

 

必要な日数×必要な台数あたりの料金で定められています。

 

必要な乗り物の種別によって料金は変わってきます。

 

公共の乗り物等の交通費や車に必要な代金等調査に必要な費用等も別途、必要です。

 

また、現場の状況に合わせてになりますが、調査に必要な特殊機材などを使う場合もあり、そのため料金が加算されます。

 

特殊機材の中には、暗視カメラ、偽装カメラ、隠しカメラ、集音機、監視用モニターなど色々な機材が使用できます。

 

わが探偵事務所では沢山の特殊機材を使って非常に高い調査力でどんな問題も解決に導いていくことができます。