南区で不倫調査を頼みたい時は頼れる探偵に無料で相談できて今すぐ解決へ

MENU

南区で不倫調査を頼みたい時は頼れる探偵に無料で相談できて今すぐ解決へ

不倫しているか、調査を探偵に無料で相談しお願いして、調査内容を知らせ査定額を出してもらいます。

 

調査手順、調査した中身、査定額が合意できたら事実上契約は交わせます。

 

本契約を交わしたら調査へスタートさせていただきます。

 

調査する不倫は、2人1組で通常行っていくことがございます。

 

場合によっては、要望を応じて人数の検討していただくことは応じます。

 

我が事務所での不倫調査では、調査している中で連絡があります。

 

なので調べた内容の進捗具合を常時とらえることが可能なので、依頼者様はご安心していただけます。

 

 

我が探偵事務所での不倫の調査での契約内容では規定日数が定められてあるので、日数分のリサーチが完了しましたら、リサーチ内容とすべての結果を統括したリサーチ結果報告書がお渡しいたします。

 

リサーチした結果報告書には、詳細に調査内容において記されており、調査中に撮影された写真なども入っています。

 

依頼を受けた不倫調査の後々、ご自身で訴えを仕かけるようなケースには、ここでの不倫調査結果報告書の内容や写真は重要な明証になります。

 

不倫調査を探偵の事務所に依頼するのは、このとても大切な不倫現場証拠を入手することにあります。

 

仮に、報告書の調査結果の中身にご納得いただけない場合は、調査続行の要求することもやれます。

 

結果報告書に合意してやり取りが完了させていただいたその時、これらでご依頼された不倫の調査はすべて終了となり、すべての不倫調査に関する資料も探偵事務所で抹消させていただきます。

 

 

南区で不倫調査は探偵が決定的な証拠を公判に提出可能です

不倫の調査といえば、探偵事務所を思い浮かびます。

 

探偵というものは、お客様の依頼を受けて、周辺の聞き込み、追跡、張り込み等さまざまないろいろな方法を使って、目標人物の居所や活動の確実な情報をピックアップすることを仕事としています。

 

当探偵事務所の依頼は多種多様でありますが、多い依頼は不倫調査です。

 

やはり不倫調査は特別に多いのです。

 

秘密が重要とされる探偵仕事は不倫調査にはピッタリ!といえるでしょう。

 

プロに不倫の調査依頼をしたら、プロフェッショナルならではの経験や技を用いて、依頼者様が求める確かなデータを取り集めて報告します。

 

 

不倫調査等の調査依頼は、前まで興信所に頼むのが当然だったが、今は興信所に結婚相手の身元、雇用調査が主であり、一般的な探偵業のように内密に動くのではなく、目的の相手に対し、興信所より来た調査員であることを申します。

 

しかも、興信所はあまり詳しく調査はしません。

 

ごく親しい友人へ聞き込みするだけの場合もあります。

 

最近の不倫の調査依頼は、相手に気付かれないように詳しく身辺調査をしてもらいたい人が大部分なので、興信所より探偵の方が向いていますね。

 

探偵対する法は昔は特に制定されていませんでしたが、危険な問題が後を絶たなかったことから2007年6月に探偵業法が制定されました。

 

そのため、所轄の都道府県公安委員会に届出をしなければ探偵の仕事ができないと定められています。

 

なので健全である業務がなされていますので、心から安心して探偵調査を頼むことができるのです。

 

不倫問題の可能性があった時はまずはじめに探偵に相談してみることをイチ押ししたいと考えます。

 

 

 

 

 

信頼の探偵事務所はコチラ

⇒今すぐ無料で相談できます

 

南区で探偵事務所スタッフに不倫調査を依頼した時の経費はいかほど?

不倫の調査で不可欠なのは探偵に対した依頼することですが、手に入れるには証などを施術の結果が気に入らなかった場合に、有効度で、コストは高騰する動向にあります。

 

むろん、依頼する探偵事務所により料金は変わりますので、多くの探偵の事務所があればその事務所ごとでの料金が違うでしょう。

 

不倫の調査の場合は、行動調査として調査する人1人ずつに一定の料金がかかります。調査員が増えていきますとそれだけ調査料がどんどんかかります。

 

相手の行動調査には、相手をつける尾行と結果のみの簡易的な調査のほかに、予備の調査と特別な機材、証拠で使える動画、報告書で報告する基本的な調査があります。

 

行動調査に料金は、60分ずつを単位と決めています。

 

取り決めした時間を過ぎて調査する場合は、延長するための代金がかかってなります。

 

尚、調査員1名あたり1h当たりの延長料金が必要になります。

 

 

別に、移動に必要な車を使うとき、別途、車両代金がかかってきます。

 

1日1台毎の費用で設定しています。

 

必要な車両種類によって必要な費用は変化します。

 

公共の乗り物等の交通費や駐車料金等調査するのに必要な諸経費等も別途、必要になってきます。

 

あと、現地の状況になってきますが調査に必要な特殊機材などを使う場合もあり、そのため別途、費用がかかる場合もあります。

 

特別な機材の中には、暗視カメラや偽装したカメラ、偵察用カメラ、集音機、隠しカメラのモニター様々な機材が使えます。

 

私どもの探偵事務所ではそのような特殊機材を使った非常に高い探偵調査力で難しい問題も解決に導いていくことができます。